注目研修
外国人社員向け「日本着任時 異文化コミュニケーション研修」のご紹介

キーワード:#グローバル研修 #異文化理解 

日本人が海外赴任する時と同様に、日本へ着任となる外国人社員は、様々な不安を抱えています。
日本での仕事に対しモチベーションが高い状態でも、仕事環境の変化や生活環境の変化など、大きな変化が重なる時期はストレスを受けやすくなるものです。

外国人社員の不安を少しでも解消し、安心して仕事のパフォーマンスをあげてもらうには、受け入れ体制や働きやすい環境を作ると共に、本人にも着任時研修を行うことが効果的です。

本研修は、日本人のコミュニケーションの特長や、起こり得る価値観のギャップについて学べる研修となっています。基本は英語での実施となりますが、その他言語や内容の調整等、お気軽にご相談ください。

 

対象者

日本に着任となった外国人社員

 

研修の目的

  • 日本人のコミュニケーションの特徴について理解する
  • 日本人社員、日本人顧客とのカルチャーギャップが起こり得るポイントを知る

 

研修の効果

社内外の日本人に対するコミュニケーションの基礎を身に付け、コミュニケーションスタイルの違いによる文化摩擦やストレスを未然に防ぎます。

 

カリキュラム概要

  • 日本人のコミュニケーションの特長
  • ハイコンテクスト/ローコンテクスト文化
  • 人間関係、パーソナルスペース、表現方法、時間等に関する価値観の違い
  • 仕事における態度や行動の違い
  • 基本のエチケット(挨拶、面会、家にお邪魔する時、食事、ギフト など)

 

研修の特長

講義主体ではなく、演習、アクティビティ、ディスカッション、事例を豊富に組み込んだ研修のため、積極的な受講姿勢を促します。
説明内容は、参加者の目的等により柔軟に調整可能です。

 

推奨日数・時間

半日(4時間)

 

推奨受講者数

20名まで
※マンツーマンや少人数クラスも可能です

 

研修形式

対面型、オンライン型、ハイブリッド型いずれも対応しております。

 

研修実施言語

英語
※その他言語をご希望の場合はご相談ください

 

研修のお申込み・お問合せはこちら

研修についてのお問合せやお見積りのご希望など、お気軽にご連絡ください。
お問合せフォームはこちらです。

 

関連研修

外国人社員向けのビジネスマナー研修はこちら
→導入事例「外国籍社員向け 日本式ビジネスマナー研修」