Latest Posts新着記事

今、団塊世代の退職や少子高齢化による労働人口の減少などにより、多くの企業が人手不足に悩んでいます。 そんな中、人手不足を解決する有効な手段として、外国人を採用する企業が増えてきました。 そして、外国人の中でも隣の国であり距離が近く文化も似ている、中国の方を採用する企業が急増しています。 しかし、中国人を採用する際に、気を付けておくべきことがいくつかあります。 中国人を採用する際に、中国人特有の性質について留意しておかなかった結果、採用したけれどうまく意思疎通ができず辞めてしまったということがあるかもしれません。 ここでは、中国人を採用する際に、知っておくべき注意点について詳しくお話ししたいと思います。

外国人の採用は、企業(とくに、海外進出を視野に入れる中小企業やベンチャー企業)にとってメリットが多いです。しかし、いきなり外国人採用といっても、ノウハウの無いところも少なくありません。そこで、企業が外国人を採用するための方法について解説します。

外国人の採用は、企業にとってさまざまなメリットがあります。しかし、採用する際には「届出」が必要であり、これを怠れば余計なトラブルを招きます。そこで、外国人を採用する際に必要な届出について解説します。

外国人を雇用する際には、就労ビザの有無を確認する必要があります。 しかし、国によって要不要が変わったり、どのように確認したら良いかわからなかったりと、手続きが煩雑で難しいと感じる人も多いのではないでしょうか? ここでは、中国人を雇用する際の就労ビザの有無や確認の仕方についてお話ししたいと思います。中国人を雇用する予定がある方や、現在中国人を雇用していて就労ビザについてよく知らないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

深刻化している人手不足を解消するために中小企業が注目しているのが外国人労働者です。ただし、「現場の受け入れ体制が整っていない」などの理由で、外国人採用に躊躇する企業も少なくないというのが現状のようです。とはいえ、最近では人手不足を解消するために採用するというよりは、「外国人ならではの能力が必要」という理由で採用している企業も多くあります。ここでは、外国人採用の現状について詳しく解説していきます。

近年、インバウンド効果も相まって、日本国内での外国人労働者の需要が増えているようです。今後、外国人を採用したいという企業はますます増加するのではないでしょうか。せっかく時間と労力をかけて外国人を採用しても、すぐに離職されてしまったり、法律に抵触するようなトラブルになってしまっては元も子もありません。 今回は外国人の採用面接で確認すべきポイントと注意点をまとめてみました。

昨今のグローバル化に対応するため、多くの企業が優秀な外国人人材の採用に積極的になっているようです。しかし、外国人を採用したものの職場になじめなかったり、すぐに離職してしまったりといった経験のある企業も多いのではないでしょうか? 外国人採用を成功させるには、受け入れる企業側の体制や環境を整えることも大きな要因のひとつです。どのようなポイントがあるかまとめてみました。

人手不足に悩む企業にとって、外国人労働者は非常に大きな助けになるのではないでしょうか。特に、隣の国である中国は身近な存在なため、中国人を雇用する企業も多いでしょう。 しかし、隣の国とはいえ、中国人の考え方や文化は日本人とは全く異なります。 ですから、日本人スタッフと同じように中国人に接してしまうと、大きな失敗を招くことになるでしょう。 そこで、中国人の特徴や接し方について、ここでは詳しく見ていきたいと思います。 これから中国人を雇用する予定がある方や雇用した中国人への接し方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本では少子高齢化に伴い、労働人口が減少しています。深刻な人手不足に悩む企業が増え、このまま何の対策もせずに国内で人手不足を解消することは、ほぼ不可能といえるでしょう。 一方で、日本における外国人労働者数はここ数年、増え続けています。 韓国や東南アジアからの外国人労働者も増えていますが、その中で多数を占めているのは、中国人です。優秀な中国人材を採用することで人手不足を解消したい、企業戦略の一環として活かせる人材に育てたい、と考える日本企業は大手を中心に増加傾向にあります。 中国人留学生側も、できるだけ将来性のある日本企業で働きたいと考えているのです。

グローバル化が加速する現代社会。優秀な人材を獲得するため、また海外からの需要に対応するために、中国人人材を雇用する企業が増えています。 とくに専門的な知識が求められるIT業界で、中国人人材は注目されています。加えて日本で仕事をしたいと希望する中国人は少なくありません。しかし、実際に就職をすることは難しい状況でもあります。 今回はその現状をご紹介しながら、採用を成功させるために、中国人が重視していることや一緒に働くうえでのポイントを解説します。

訪日外国人のなかでも、とくに増加傾向にあるのが中国人観光客です。このような背景を受けて、中国人人材を採用する企業も少なくありません。 しかし雇用に成功したとしても、どのように中国人スタッフとコミュニケーションをとれば良いのか、頭を抱えている企業もあるのではないでしょうか。 そこで今回は、中国人が日本のどういったところが好きなのか、また日本で不満に思っている点についてご紹介します。それらを踏まえたうえで、中国人と働くにあたっての注意点も確認していきましょう。

人手不足やグローバル化の影響を受けて、外国人の人材を採用する日本企業が増えてきました。とくに多いのは、中国人の労働者です。 中国人観光客の来客が多いホテルや外食などのサービス業では、彼らの活躍が必要不可欠となっています。これから中国人のスタッフを検討したいという企業も少なくないでしょう。 そこで今回は、中国人を採用する際の流れや、押さえておくべきポイントについてご紹介します。また、あわせて中国人が就職をする際に、重視していることについてもご紹介します。

中小企業の多くが抱えている、深刻な人手不足。「求人広告を出しているけれど、応募がない」という企業も少なくありません。 なぜ、このように思うような採用活動ができない状況になってしまうのでしょうか。その要因は知名度や求人広告だけではありません。 ここでは、採用活動が思うようにいかない要因を確認しながら、人手不足を解消するために「求人募集を成功させるポイント」を紹介します。

世界的にみても日本語は習得するのが難しい言語であると言われています。 そんな中でも、中国人は漢字という共通の文字を使うため、他の外国人と比べると日本語を使えるようになるのは早いとされていますが、半面、漢字の意味の違いや文法などにとまどうことも多いようです。 中国人にとって日本語の何が難しいのか、中国人を雇用する企業がどういったことに配慮すれば良いかについて解説していきます。

少子高齢化や人口減少、サービスの多様化など、さまざまな要因で人手不足が深刻化しています。新規雇用を増やしても、育成に時間がかかるだけでなく、定着せず退職してしまうという懸念もあるのではないでしょうか。 ここでは、即戦力となりうる人材を確保するためにできる工夫や、人材を定着させるための職場環境づくりについて紹介しています。

経営目標を実現させるには、人材戦略が求められます。 2019年4月から順次施行の『働き方改革関連法』により労働者の適切な労働時間管理が義務付けられたため、管理監督者の裁量労働制を活用することは難しくなりました。 よって、管理監督者の活用や人員削減による安易なコストカットではなく、生産性につながる長期的なメリットを視野に入れた人材戦略が必要です。 ここでは、適切な人材戦略を立てるためのポイントや注意点をご紹介します。

サービス業は、お客様と直接やり取りをする職業のひとつであり、接客力の有無が売上を左右するといっても過言ではありません。では、「売上につながる接客」とはどのようなものでしょうか。 ここでは、サービス業に大切なこととして気を付けたいポイントをまとめています。その中でも「サービス業で基本となるマナー」「売上アップにつながる接客のポイント」「NGな接客」について紹介しています。また、サービス業の魅力や適している人材について、採用に役立つ情報もピックアップしています。

近年、日本企業では「ダイバーシティマネジメント」が重要視されるようになってきました。かつてのように従業員が均一的ではなく、多様化し始めたことが背景にあります。 そのため、さまざまな国籍や年齢、性別の従業員が仕事をする環境に対応できるか否かが、経営課題となっています。 ここではダイバーシティマネジメントに関して、ダイバーシティマネジメントの基本的な理解から成功させるためのポイントまで解説をしています。

サービス業といわれる仕事には、多くの種類があります。サービス業は「接客業」だけではありません。顧客のニーズに応え「要求を満たすこと」が、サービス業の役割であり、意外な職種もサービス業に含まれていたりします。 ここではサービス業における仕事の種類や、これもサービス業?と思えるようなものまで詳しく解説。また、サービス業のおもしろさ・サービス業に「適している人材はどのような人か」についてもご紹介します。

多くの在留外国人が目指す、憧れのビザのひとつに「永住権」があります。永住権を得ると、他の在留資格とは一線を画す魅力的な待遇が多く受けられます。 しかし、取得の要件や手続きは非常に厳しく、煩雑です。外国人のビザ取得を支援する日本人でも、理解が難しい点が多々あります。 ここでは、永住権を取得したい外国人や、外国人を支援する日本人に向けて、永住権の取得に関わるメリットや要件、ビザ申請の流れを詳しく解説します。

国によって、労働についての考え方や価値観は大きく違います。中には働き方の制度そのものが異なる場合もあります。 外国人労働者の労働に関する調査をしてみると、日本で働く外国人労働者が、日本企業の待遇や環境に満足していない現状が浮彫になりました。 ここでは、外国人労働者の雇用や定着を図りたい企業担当者の方に向けて、外国人が離職する主な理由や、長く働いてもらうために重要なポイントについて解説します。

日本では現在、企業に対して働き方改革が推進されています。その中でとくに問題視されているのが、長時間労働です。時間外労働への規制が、罰則付きで厳しくなっています。 ここ数年、日本では外国人を雇用する企業は増加しています。今後、海外から人材を採用したい企業は、外国人労働者の労働時間について、詳しく理解しておく必要があるでしょう。 ここでは、外国人労働者に関する、労働時間における規則について見ていきます。また、規則やルールを守れなかったときの罰則についても、詳しくご紹介をします。

日本では近年、深刻な人材不足を解消するために、外国人労働者を雇用する企業が増えています。また、この背景には日本政府が推進している「外国人労働者の受け入れ拡大」も関係しています。 現在、外国人の採用を検討されている企業様の人事担当者の人も多くいるでしょう。ここで注意しなければならないのは、外国人雇用を行う前に必要となる準備や手続きです。 知らずにいると、入社後に大きなトラブルへと発展してしまうおそれがあります。ここでは、外国人を雇用するために必要な準備や手続きについてご説明します。

日本で働きたいと思う外国人は、増加傾向にあります。その中でも特にアジア圏の人材から、日本企業は人気を集めています。母国ではなく日本で仕事をする理由として、高い収入を目的とする外国人もいます。 ここでは、実際にどのくらいの年収を外国人労働者は得ているのかを見ていきましょう。 職業や企業よって条件は異なりますが、どの職種であれば年収が高くなるのか、外国人技能実習生はどのくらいの年収になるのかご紹介していきます。

日本でも年々、外国人労働者が増えてきています。なかでも、IT企業においては、海外の外国人エンジニアやプログラマー、コンサルタントが日本でも活躍をしています。 外国人労働者の雇用を考えている企業においては、外国人の労働法や賃金法が気になるところではないでしょうか。 企業の人事・採用担当者の方は、外国人労働者を雇用する際に不正雇用とならないように、外国人の労働法や賃金法においてあらかじめ理解をしておく必要があります。 外国人労働者の雇用後、社内で行き届いたサポートを行うためにも知っておくべき情報をご紹介します。

技能実習生の日本滞在期間は最長5年。すでに技能実習生を雇用している企業の中には「育成した外国人労働者を特定技能に移行させて、自社でさらに長く働き続けて欲しい」と考えている担当者も多いのではないでしょうか。 ここでは、技能実習から特定技能への移行で必要な要件や手続き、一定の要件を備えた場合に適用される特例措置などについて解説します。

深刻な人材不足が予想されている、14の業種。その14の業種で就労が認められるのが特定技能在留資格です。本制度の施行にあたっては、受け入れ機関に対して、外国人労働者に対する行き届いたサポートを行うことが求められています。 外国人が入国後に受ける「生活オリエンテーション」も義務化されているサポートの1つです。 ここでは、特定技能制度における生活オリエンテーションの詳しい内容や、業務委託の方法について解説します。

雇い入れた外国人労働者が初めて日本で働く場合、自身の銀行口座を持っていないことは珍しくありません。銀行口座がないと、会社から給料の振り込みができません。 ここでは、企業の人事や労務担当者に「外国人労働者の銀行口座開設の手続きや基礎知識について」「おすすめの銀行」「困ったときの相談窓口」などを紹介します。

年末調整とは、会社が会社員本人に代わって、所得税の過不足調整手続きを代行するものです。年末調整は、お金に関わる手続きであるため処理を行なう上でミスは許されません。 しかし、外国人労働者を初めて雇う企業の人事担当者のなかには「年末調整の手続きがよくわからない」と悩む人もいるのではないでしょうか。 ここでは、外国人労働者の年末調整について、人事担当者が押さえておきたい基礎的な知識を紹介します。扶養控除や年末調整に関わるイレギュラーな対応に関しても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

日本で暮らす外国人が、帰国を行うパターンは主に2つあります。「本帰国」と「一時帰国」です。本帰国の場合は、一時帰国と違って退職が伴います。 そのため、外国人労働者を雇い入れている企業の担当者は、帰国と合わせた退職の手続きについても理解しておくことが必要になります。 ここでは、退職を伴う「本帰国」の場合と、里帰りなどの際の「一時帰国」の場合の手続きを解説します。