2021.06.15 音楽・映画・ドラマ
【映画】コンティジョン 新型コロナを予見?

キーワード:パンデミック

こんにちは。

ライフ・リノベーター 笹川祐子(https://twitter.com/imaginenext_ceo)です。

周囲の高齢者は着々とワクチン接種がすすんでいます。

両親にも栄養とってね、お肉食べてね、と話しています。

新型コロナの感染ですが、いろんな人と話していると、身の回りで感染した人って、そんなにいないと聞きます。

私が直接知っている人で感染したのは、6人。

一人は持病持っていた人。40代。

一人はかなり重症で後遺症も大変でした。50代。

あとは、若いひとたち、20-30代。

熱は出たけど、インフルエンザのよう。

重症もいるので、油断できませんね。

なんと、社長仲間の一人が陽性に!

家庭内感染してしまったそうです。

自宅と家を往復していた息子さんが、外の食事会にでかけてもらってきたようで、お嫁さん、お子さんと家族4人が感染し、

それぞれ、病院、ホテルに隔離されました。

私の友人は、軽症ですが、家庭内感染が多いようだから本当に気をつけて!と周囲に発信しています。

さて、コロナを予見していた映画。

去年の今ごろ、パンデミック系の映画をいくつか見ていたのに、気づかなかった凄い映画がありました。

「コンティジョン」

2011年の映画です。

新種のウイルスが世界中にもうスピードで感染拡大していく恐怖を描いたもの。

サスペンス、スリラー。

マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら豪華キャスト陣ですが、

ロマンスや派手さもなく、淡々とドキュメンタリーがすすむのが、返って怖い。

最初はどうやら香港で発生したウイルスが広がっていく。

予防策は、「人と接触しない」「手を洗う」

まさに2020年に世界中で起こった、いろいろなパニックや金融情勢、ワクチンの開発などが描かれているのです。

特にワクチンは臨床実験が不十分なまま大量に出回っていく、将来の人体への危険性も示唆しており、まさにいまの状況が再現されている感じです。

監督は、「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ。

エンタメとは違う、防災の大作です。

ぜひ、ご覧になってください。

アマゾンプライムで見ました。

 

 

★笹川祐子 プロフィール

笹川祐子プロフィール

★ライフ・リノベーター宣言

ライフ・リノベーター宣言!