2021.03.02 社長ブログ
追悼!三浦春馬さん「こんな夜更けにバナナかよ!」

キーワード:#映画 

こんにちは。

ライフ・リノベーター 笹川祐子(https://twitter.com/imaginenext_ceo)です。

三浦春馬さんのことを私は、去年まで知りませんでした。

コンフィデンスマンJPという長澤まさみ主演のドラマが大好きで、「コンフィデンスマンJPロマンス編」をアマゾンプライムで見たのです。

その時、なんて素敵なイケメンだろうと思ったのが、三浦春馬でした。

まさか、その1か月後ぐらいに亡くなろうとは。

さらに、竹内結子さんまで亡くなるとは!

最新作の「コンフィデンスマンJPプリンセス編」にも出演するのを楽しみにしていたのに。

あの若さで、残念至極です。

ちなみに、コンフィデンスマンとは、詐欺師のことです。

 

で、三浦春馬が出演していた映画やドラマを探すと、大泉洋主演の「こんな夜更けにバナナかよ」があり、さっそく見ました。

この映画は実話で、難病の筋ジストロフィー患者が、勇気をくれた物語です。

うちの母が、大泉洋の大ファンで、恒例の姉妹たちと映画館に行っているのです。

「体は不自由、心は自由!

車椅子人生を駆け抜けた男の

笑いと涙の感動実話」

ロケ地が北海道の札幌市内で、私にも懐かしい北海道大学の風景がありました。

 

~ストーリー(公式サイトより)

北海道札幌市。

鹿野靖明(大泉洋)は幼い頃より難病の筋ジストロフィーを患い、34歳になる今では体で動かせるのが首と手だけ。

24時間365日だれかの介助がないと生きていけない体にも関わらず、医師の反対を押し切って病院を飛び出し、

市内のケア付き住宅で自ら集めた大勢のボラ(ボランティアの略称)に囲まれ、自立生活を送っている。

わがままで、ずうずうしくて、ほれっぽくて、よくしゃべって…!

夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出したりする自由すぎる男・鹿野を介助するボラは、彼と付き合いの長いベテランから、新人の大学生まで人さまざま。

その一人、医大生の田中(三浦春馬)はいつも鹿野に振り回される日々。

ある日たまたま鹿野宅を訪れた田中の恋人・美咲(高畑充希)まで新人ボラに勘違いされてしまう。

おまけに鹿野は美咲に一目惚れしてしまい、田中は彼の代わりに愛の告白まで頼まれる始末…!

最初は戸惑う美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。

ところが鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。

///////////////////////////////

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」 札幌ロケ地マップ

原作が素晴らしく、受賞されています。

「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」

渡辺一史 著

第35回大宅壮一ノンフィクション賞・第25回講談社ノンフィクション賞 ダブル受賞!

作者の渡辺さんが、大泉洋さんについて、こんなことおっしゃっています。

私自身も、人に迷惑かけないようにと生きてきたが、頼ることも大事だと思う。

ますます大泉洋が好きになりました。

「大泉さんとは「世界一受けたい授業」(日本テレビ、2018年12月29日放送)という

番組の収録でもご一緒したんですけど、こんな話をしてくれたんです。

これまでは「自分の子どもにどんな教育をしますか」と聞かれたら、

「人に迷惑かけないようにしなさい」とずっと言ってきた。

でも、この映画を通して、それは違うんじゃないかと思うようになった。

今後は「できないことは人に頼りなさい、でも人に頼られたときは、それに応えられるような人になりなさい」と

言うと思う。

大泉さんの言葉は、長い時間をかけて障害者の人たちが訴えてきたことを、見事に言い当てていると思います」

<僕が「こんな夜更けにバナナかよ」を書いたワケ

反時代的ノンフィクションライター・渡辺一史さんインタビュー(上)>

https://webronza.asahi.com/culture/articles/2019010400002.html

三浦春馬さんの追悼にと見た映画ですが、素晴らしい感動の実話でした。

そのあとの、コンフィデンスマンJPプリンセス編もみました!

それから、何度かロマンス編を見ていますが、三浦春馬さん、竹内結子さんが天国で元気にしていてほしいと

心からご冥福を祈っています。

 

 

⭐︎ライフ・リノベーター宣言!

https://www.imaginenext.co.jp/420/